大阪市立総合医療センター、箕面市、厚生労働省障害者福祉は、障害者福祉サービスをはじめとする。高齢者の保証人・身元引受人・緊急時連絡先・残置物引取人、
医療費が安く。生活保護者や高齢者及び障害者の老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅の費用が安い介護が必要。

厚生労働省障害者福祉

障害者福祉サービスをはじめとする。障害のある人も地域で安心して暮らせる社会の実現を目指して
障害のある人も普通に暮らし、地域の一員としてともに生きる社会作りを目指して、障害者福祉サービスをはじめとする障害保健福祉施策を推進します。また、障害者制度の改革にも取り組んでいます。
障害者福祉施策の見直しを進めています
障害者福祉施策の見直しを進めています。「障害者自立支援法」は廃止し、「制度の谷間」がなく、サービスの利用者負担を応能負担とする総合福祉法(仮称)を制定することとされています。
障害者自立支援法違憲訴訟に係る基本合意について
平成22年1月7日に、障害者自立支援法違憲訴訟の原告団・弁護団と厚生労働省が基本合意文書を取り交わしましたので、お知らせいたします。
連絡先:厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課
精神保健福祉士養成担当職員研修事業に係る公募について
社会・援護局障害保健福祉部
精神保健福祉士制度の施行から現在に至るまでの間に、「入院医療中心から地域生活中心へ」という施策の転換や障害者自立支援法の施行など、精神保健福祉士を取り巻く環境は大きく変化している。今後の精神保健福祉士には、精神障害者の人権を尊重し、利用者の立場に立って、これらの役割を適切に果たすことができるような知識及び技術が身に付けられるようにすることが求められていることから、より実践力の高い精神保健福祉士を養成するために実習・演習に携わる教員及び実習指導者の質を高めることを目的とした研修を実施することとしています。
このため、当該研修事業を実施するにあたり、研修事業を実施する団体(以下「実施団体」という。)を募集し、選定の上、その実施団体に対して事業に係る経費の助成を行うこととしているので、以下の関係書類の内容に留意の上、ご応募ください。

<関係書類>

平成23年度衛生関係指導者養成等委託費公募要領
(平成23年度精神保健福祉士養成担当職員研修事業)
精神保健福祉士養成担当職員研修事業実施要綱

<事業内容>

(1) 研修会プログラムの企画、テキスト作成、広報
(2) 研修会の実施 等

<応募方法>

本事業への応募を希望される団体につきましては、以下の提出書類をご提出くださいますようお願いします。

(提出書類)

1.事業の実施に係る次の書類
[1] 平成23年度精神保健福祉士養成担当職員研修事業への応募について
[2] 事業実施計画書(別紙2)
[3] 所要額内訳書(別紙3)
[4] 事業の実施体制(別紙4)
[5] 事業実施スケジュール(任意様式)
[6] 人件費、報償費及び旅費の支給基準(団体の内規)(任意様式)
[7] 委託料の見積書(委託料を計上している場合)(任意様式)
2.団体の概要、活動状況等に係る次の書類(任意様式)
[1] 定款又は寄付行為
[2] 役員名簿
[3] 団体(法人)の概況書
[4] 理事会で承認を得た直近の事業実績報告書
[5] 平成23年度収入支出予算(見込)書抄本

なお、応募のあった事業については、評価検討会において審査を行い、必要に応じ、その内容に関するヒアリングを行った上で、採択の可否及び採択の場合はその補助額を決定することとしておりますことを申し添えます。

≪連絡先≫

社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課 障害保健係



サービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホーム、アンケート及び登録情報集計結果概略(全国)

(8)契約(サービス付き高齢者向け住宅のみ)
①入居契約の形態と契約期間について
1.入居契約の形態(複数回答)
「普通建物賃貸借契約」が71.0%と多くを占めた。「終身建物賃貸借契約」は8.7%、「定期 建物賃貸借契約」は7.8%であった。「利用権方式」は9.9%であった。
2.契約の期間
「普通建物賃貸借契約」「定期建物賃貸借契約」の場合の契約の期間は「2年」が53.0%を 占めた。「1年」は18.2%、「3年以上」は9.8%であった。
3.終身建物賃貸借契約を利用しない理由(複数回答)
「前払金を取るつもりがない」が47.7%で最も多く、次いで「メリットを感じないため」 (37.9%)、「認可手続きが煩雑なため」(24.6%)が続いた。「制度を知らない・よく分からな い」という回答も16.4%あった。
②保証人・身元引受人等について
※保証人=債務保証を負う者
身元引受人=入院時や死亡の際等、本人の対応が困難な時に対応を行う者。
1.保証人・身元引受人・緊急時連絡先・残置物引取人の取扱いについて
「保証人」「身元引受人」「緊急時連絡先」については、8~9 割が「必須」との回答であり、 「求めない」という回答はわずかであった。 「残置物引取人」については、61.3%が「必須」、27.8%が「求める場合がある」との回答 であった。「求めない」は6.2%であった。
2.保証人として定めることのできるもの(複数回答)
「親族」が67.4%ともっとも多く、次いで「特に限定していない」の28.9%であった。「法 人」という回答は7.8%であった。
3.身元引受人として定めることのできるもの(複数回答)
「親族」が66.9%と最も多く、次いで「特に限定していない」が28.5%であった。「法人」 という回答は6.5%であった。
4.残置物等の取扱いの取り決めについて(複数回答)
残置物等の取扱いの取り決めは「無」が最も多く、52.1%であった。「遺言にて定めている」 は5.9%、「死因贈与契約」を結んでいるのは2.2%であった。
③入居契約の形式について (A=賃貸借契約、B=状況把握・生活相談サービス提供契約、C=B以外のサービス提供契約)
1.入居契約の形式
「AとBを一体とし、Cを分離」したものが最も多く44.3%を占めた。次いで「ABCをす べて分離した契約」の21.5%、「ABCを一体とした契約」の18.5%、「BとCを一体とし、 Aを分離した契約」の11.8%であった。
2.法人種別の入居契約の形式
「不動産・建設業」では、「AとBを一体とし、Cを分離」したものが59.3%と高く、「AB Cを一体とした契約」は10.0%と低かった。 「社会福祉法人」「介護サービス関連法人」は「AとBを一体とし、Cを分離」した契約が 30%代後半と低く、「社会福祉法人」では「ABCをすべて分離した契約」が25.0%と比較的 高く、「介護サービス関連法人」では「BとCを一体とし、Aを分離した契約」「ABCを一体 とした契約」が比較的多かった。 NPO法人では「ABCをすべて分離した契約」が73.8%と多くを占めた。
④重要事項説明書等の契約の補助的な書類の作成
契約書の他に重要事項説明書等の契約の補助的な書類の作成に関しては、74.9%で「作成し ている」との回答であった。
⑤原状回復の義務の範囲
90.4%は「通常損耗を超えるもの(入居者の故意・過失等)に限る」との回答であり、「通 常損耗を超えるものに限らない特約がある」は6.0%であった。
(9)建物の防災対策
①居室内の防災対策設備の設置状況
1.居室内の防災対策設備の設置状況
【サービス付き高齢者向け住宅】
スプリンクラーは80.1%、火災感知器は90.1%で「すべての居室に設置」されていた。 2階以上の居室のバルコニーは39.6%が「すべての居室に設置」、12.0%が「一部居室に設 置」、37.9%が「設置していない」であった。
【住宅型有料老人ホーム】
火災感知器の設置状況はサービス付き高齢者向け住宅と同程度であったが、スプリンクラー は72.8%、2階以上の居室のバルコニーは22.8%で「すべての居室に設置」と、サービス付 き高齢者向け住宅よりも設置率が低かった。
2.住戸タイプ別のスプリンクラー設置の有無
【サービス付き高齢者向け住宅】
要介護者が多くを占める「18 ㎡以上25 ㎡未満」タイプでは、86.0%で「すべての居室に設 置」されていた。自立の割合が高くなる傾向にある「25 ㎡以上」のタイプでは設置率が下がり、 「25 ㎡以上+食堂なし」タイプでは53.8%であった。
【住宅型有料老人ホーム】
要介護者が多くを占める「13 ㎡未満」タイプにおいて設置率が62.6%と低かった。「25 ㎡以 上」のタイプでも55.1%と設置率は低かった。
3.住戸数別のスプリンクラー設置の有無
【サービス付き高齢者向け住宅】
住戸数が少ないほど設置率が低くなる傾向がみられた。特に「10 戸未満」の物件では「すべ ての居室に設置」は53.7%と低かった。
【住宅型有料老人ホーム】
サービス付き高齢者向け住宅と同様に住戸数が少ないほど設置率は低くなり、「10 戸未満」 では「すべての居室に設置」は42.8%と低かった。
②建物内の防火対策設備の設置状況
【サービス付き高齢者向け住宅】
「警報を発する自動火災報知設備」は96.3%で設置されており、設置していないという回答 は1%未満であった。「消防機関へ通報する火災報知設備」も90.4%で設置されていた。
【住宅型有料老人ホーム】
「警報を発する自動火災報知設備」は96.5%、「消防機関へ通報する火災報知設備」は93.9% の設置であった。
③非常時の脱出経路の解錠方法(複数回答)
【サービス付き高齢者向け住宅】
「職員が手動で個別に解錠」が59.2%で最も高く、「入居者による個別の解錠が可能」は 46.7%、「火災報知機と連動して自動的に解錠」は35.0%であった。「職員の遠隔操作で一斉に 解錠」も11.3%あった。
【住宅型有料老人ホーム】
「職員が手動で個別に解錠」が82.2%と高く、「入居者による個別の解錠が可能」は36.0%、 「火災報知機と連動して自動的に解錠」は14.1%、「職員の遠隔操作で一斉に解錠」は7.2% であった。
④避難対策マニュアルの整備状況
【サービス付き高齢者向け住宅】
「整備している」が61.7%であった。
【住宅型有料老人ホーム】
「整備している」が73.6%であり、サービス付き高齢者向け住宅よりも高かった。

高齢者の安い介護費用や老人ホーム、老人保健施設、年金などについての一覧です。

箕面市役所の生活保護について考える箕面市障害者市民の会サイト一覧です。
箕面障がい者市民の会
高齢者の介護保険のしくみと概要 養護老人ホーム・軽費老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅 特別養護老人ホーム・都道府県別一覧    
高齢者の介護保険のしくみと概要 高齢者の要支援・要介護のめやすと支給限度額について 高齢者の介護保険の上乗せサービス・横出しサービスとは    
高齢者の介護保険のしくみと概要        
高齢者の介護サービスの種類とは 高齢者の居宅サービス2.訪問入浴介護3.訪問看護 高齢者の居宅サービス4.訪問リハビリテーション5.居宅療養管理指導 高齢者の居宅サービス6.通所介護(デイサービス)7.通所リハビリテーション(デイケア) 高齢者の居宅サービス8.短期入所生活介護(ショートステイ)9.短期入所療養介護(ショートステイ)
高齢者の居宅サービス10.福祉用具貸与11.特定施設入居者生活介護 高齢者の地域密着サービス1.定期巡回・随時対応型訪問介護看護2.夜間対応型訪問介護 高齢者の地域密着サービス3.認知症対応型通所介護4.小規模多機能型居宅介護 高齢者の地域密着サービス5.複合型サービス6.認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 高齢者の地域密着サービス7.地域密着型特定施設入居者生活介護8.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
高齢者の施設の説明1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)2.介護老人保健施設(老健) 高齢者の施設の説明3.介護療養型医療施設(介護療養病床)4.養護老人ホーム 高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)6.都市型軽費老人ホーム 高齢者の施設の説明7.ケアハウス8.シルバーハウジング 高齢者の施設の説明9.グループホーム
高齢者の施設の説明10.有料老人ホーム 高齢者の(リバースモーゲージ)制度      

高齢者の施設等の説明      
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅1. 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅2.(現状の数と将来推移) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅3.(サービスとは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅4.(サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅5.(メリット・デメリット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅6.(ご夫婦部屋について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅7.(入居条件) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅8.(食事について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅9.(併設施設) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅10.(地域と月額料金)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅11.(退去要因) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅12.(サービス付き高齢者向け住宅と医療行為) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅13.(契約関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅15.(安否確認) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅16.(サ高住と認知症)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅17.(サ高住と在宅療養支援診療所) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅18.(東京都における独自ルール) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅19.(お酒とタバコ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅20.(よくあるクレーム) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅21.(サ高住とペット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅22.(サ高住と特養の入所待ち) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅23.(サ高住の運営会社の業種について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅24.(サ高住の特定施設とは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅25.(実態調査①入居率・入居者像・入居動機) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅28.(サ高住と小規模多機能型居宅介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅29.(サ高住と高円賃・高専賃・高優賃) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅30.(実態調査③ 医療関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅31.(サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅32.(入居の準備に必要な手続き・必要なもの)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅33.(サ高住と訪問介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅35.(サ高住は終の棲家になり得るか) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅36.(サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用]) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅37.(サ高住に入居するまでの流れ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅38.(サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用))
年金障害等級表・障害者福祉等        
箕面市年金障害等級表 箕面市、厚生労働省障害者福祉 箕面市、厚生労働省社会保険審査会 箕面市福祉部会生活保護制度の在り方に関する専門委員会 大阪府精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられた方
大阪府精神障害者保健福祉手帳の各種様式 大阪府こころの健康総合センター情報 大阪府障がい者福祉の手引    
箕面の生活保護法 生活保護法と難病 箕面市立病院 整形外科 医師 津田 隆之 厚生労働省|生活保護基準部会審議会資料 |平成25年11月22日 老後破産
国民年金・厚生年金保険障害認定基準 国民年金・厚生年金保険障害認定基準の一部改正に伴う診断書の様式変更について平成 23 年 6 月 30 日通知      
精神保健医療福祉について 厚生労働省|社会・援護局障害保健福祉部|精神保健医療福祉について      
障害認定基準 箕面市|国民年金|厚生年金保険|障害認定基準      
社会保障:福祉関連        
福祉関連リンク集 個人情報保護 相互リンク集    
         

箕面、障害、高齢者、生活保護。スカイプ

箕面障がい者市民の会

一部、私たちの税金で賄われている サイト等のリンク及び情報が含まれています。